人気ブログランキング |
ベンジャミン
家にベンジャミンが来ました☆
昨日、新宿に行った帰りにぷらっと寄った花屋さんに
その日に来たばかりのベンジャミン。
お店の人と話して、この子に決めました。
b0062462_13224453.jpg

大きなプラントの葉が元気なくなっちゃって、どうしようって思ってたら
元気な茎と葉っぱが5本ぐらい土からぐんぐん出てきて、え、世代交代?
かなり伸びるスピードが早いからどのぐらいの大きさで、
親世代のような強い茎になるのか楽しみです。

↓ ベンジャミンの後ろに見えているのが、その5本
b0062462_13225788.jpg

# by keikosan53 | 2011-08-14 13:27 | お気に入り
クッキン具
週末がやってきました。
週末はゆったりとお料理ができることが幸せです。

先週末のランチ「ゴーヤチャンプルー」
先週末のディナー「ハンバーグと野菜のソテー」
b0062462_2562631.jpg
ランチ: テレビで沖縄のおばあちゃんが出てきたので、ゴーヤチャンプルー
b0062462_2271851.jpg
ディナー: 野菜をごろごろ食べたくて、ハンバーグと野菜のソテー

野菜のソテーは、野菜それぞれ別に味付けとお料理する分
手間はかかるけど、逆に心にお休みを与えてくれる。

幸せな時間です。

iPadで撮ったから、やっぱり画質が良くないけど、いっか。
深夜に久しぶりのクッキン具エントリーでした。
# by keikosan53 | 2011-08-13 02:58 | クッキン具
夢の詩
不思議な夢見た。
自分が書いた詩っていうことで夢の中では出てきて、
冒頭の2行だけ覚えてる。

西山君は西に行く
私は南に行く

西山君って誰だ?
どこに行くんだ?
# by keikosan53 | 2011-08-08 13:53 | 独りごと
Someone to watch over me
b0062462_19435488.jpg

音楽っていいな。

自分の記憶って、キーワードで繋がってて

妄想したり、記憶が続いていったり。

隣りの駅の珈琲屋さんに、何となく寄ってみた。

椅子が大きくて、ゆらゆらしてて。

初めて入った珈琲屋さんで、またあのスタンダードジャズが流れてた。

珈琲。ジャズ。音楽。クラシック。横浜。

それだけの繋がり。

自分の部屋で、知らないジャズが流れてるだけ。

それだけ。


# by keikosan53 | 2011-07-03 23:39 | 独りごと
"Mark Cross" — お気に入りの映画とバッグ
ヒッチコック映画は、本当に大好きで
ビジュアルコネクションとか、カット無しで続くシーンとか
はたまた、セットの中だけで展開される映画とか
本当に魅力的で、ストーリーにぐわんって吸い込まれる。

そんなヒッチコック映画の中でも印象に残っていて
大好きなのが「Rear Window

ずっと、主人公の部屋の中から全く移動しないのに
サスペンスな要素とコントラストの強い映像が、観てる方をドキドキさせる。

b0062462_1592124.jpg
b0062462_1534658.jpg
b0062462_1494054.jpg

クラシックなのに、きちんとしてない感じが見え隠れするのも
この映画が魅力的って感じる理由なのかも。
主人公の彼女役の女優さんのファッションも、とてもクラシックで魅力的。
なのに、性格はちょっと子供みたいで、冒険したがりで・・・カワイイ。

そんな彼女が、主人公の男性の部屋に泊まりに来た時に、
黒の革のバッグを開けたシーンがとっても印象に残っています。

女性用の黒のフォーマルな革のバッグが、
まるで、アタッシュケースのように開いて、観ていて

「え? そんな風に開くバッグなの? 」

っていうバッグに対する驚き。

そして、その中からお泊まり用のネグリジェを当たり前のように出す彼女に

「え? ネグリジェ入ってるの? 」

っていう展開への驚き。

そんな映画の中で彼女が持っていたバッグが、
"Mark Cross"のovernight case

b0062462_050539.jpg

b0062462_0511614.jpg

b0062462_127375.jpg

そして、この間のNY旅行で一目惚れで購入したバッグも "Mark Cross" ☆
自分が一目惚れしたバッグと、大好きな映画の「Rear Window」と
こんなところで繋がるなんて。。。 嬉しい

"Mark Cross" のバッグは、Saks Fifth Avenue で取り扱っています。

b0062462_1234194.jpg
> Mark Cross
> Saks Fifth Avenue

[余談 / よだん]

三谷幸喜監督の映画を観ていると、
ヒッチコック映画が大好きなんだな。
「ラヂオの時間」は、「Rear Window」と一緒でラジオの収録室で
シーンのほとんどが展開されているし、「THE 有頂天ホテル」の最初のシーンも
まったくカット無しでずーっとホテルの中から外までシーンが続くのとか
まさにヒッチコックの撮影手法。
まるで舞台が映画になったような印象も。

まねじゃなくて、ヒッチコックが本当に好きなんだなって素直に思えるのも、
三谷幸喜監督の映画も、また素敵だからなんだなと思うんだ。
# by keikosan53 | 2011-06-07 02:07 | お気に入り