人気ブログランキング |
<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
"Mark Cross" — お気に入りの映画とバッグ
ヒッチコック映画は、本当に大好きで
ビジュアルコネクションとか、カット無しで続くシーンとか
はたまた、セットの中だけで展開される映画とか
本当に魅力的で、ストーリーにぐわんって吸い込まれる。

そんなヒッチコック映画の中でも印象に残っていて
大好きなのが「Rear Window

ずっと、主人公の部屋の中から全く移動しないのに
サスペンスな要素とコントラストの強い映像が、観てる方をドキドキさせる。

b0062462_1592124.jpg
b0062462_1534658.jpg
b0062462_1494054.jpg

クラシックなのに、きちんとしてない感じが見え隠れするのも
この映画が魅力的って感じる理由なのかも。
主人公の彼女役の女優さんのファッションも、とてもクラシックで魅力的。
なのに、性格はちょっと子供みたいで、冒険したがりで・・・カワイイ。

そんな彼女が、主人公の男性の部屋に泊まりに来た時に、
黒の革のバッグを開けたシーンがとっても印象に残っています。

女性用の黒のフォーマルな革のバッグが、
まるで、アタッシュケースのように開いて、観ていて

「え? そんな風に開くバッグなの? 」

っていうバッグに対する驚き。

そして、その中からお泊まり用のネグリジェを当たり前のように出す彼女に

「え? ネグリジェ入ってるの? 」

っていう展開への驚き。

そんな映画の中で彼女が持っていたバッグが、
"Mark Cross"のovernight case

b0062462_050539.jpg

b0062462_0511614.jpg

b0062462_127375.jpg

そして、この間のNY旅行で一目惚れで購入したバッグも "Mark Cross" ☆
自分が一目惚れしたバッグと、大好きな映画の「Rear Window」と
こんなところで繋がるなんて。。。 嬉しい

"Mark Cross" のバッグは、Saks Fifth Avenue で取り扱っています。

b0062462_1234194.jpg
> Mark Cross
> Saks Fifth Avenue

[余談 / よだん]

三谷幸喜監督の映画を観ていると、
ヒッチコック映画が大好きなんだな。
「ラヂオの時間」は、「Rear Window」と一緒でラジオの収録室で
シーンのほとんどが展開されているし、「THE 有頂天ホテル」の最初のシーンも
まったくカット無しでずーっとホテルの中から外までシーンが続くのとか
まさにヒッチコックの撮影手法。
まるで舞台が映画になったような印象も。

まねじゃなくて、ヒッチコックが本当に好きなんだなって素直に思えるのも、
三谷幸喜監督の映画も、また素敵だからなんだなと思うんだ。
by keikosan53 | 2011-06-07 02:07 | お気に入り
窓から、てりゃ!
5月も終り6月です。
そして、予想通り。。。と言いたかったけど
予想をはるかに超えた忙しさがやって来ました。

One, two, three, four, five, six, seven...
Should i keep counting? or just forget about them?

てへっ

忙しいんですって。

また言ってるよ。

いい加減にしなさいは、良い加減にしなさい。

オーストラリアで教えてもらったワード。なんだっけ
窓から外に向かって物を投げ捨てるっていう「動詞」
すっごく長いワードで、辞書にまで載ってるワード。

なんだっけかな

って言うか、「窓」限定。
英語も変な言語よね。
by keikosan53 | 2011-06-02 02:45 | 独りごと