人気ブログランキング |
カテゴリ:W○RLD( 4 )
2009 元旦
新年、明けましておめでとうございます。

2009年への想いはまた改めてゆっくりと。。
今は、2009年を迎えられたことにただ感謝です。

今年も宜しくお願いします。
by keikosan53 | 2009-01-01 04:03 | W○RLD
2008イタリアGP決勝 21歳ベッテル優勝!
b0062462_2305620.jpg


昨日の夜、予選を観終わってからとても楽しみにしていた
F1 2008イタリアGP決勝レースは、激しい雨のためセーフティーカースタートに。
最近F1に興味を持ち始めた初心者なもんだから、
「セーフティーカースタートなんてものがあったんだ、ほー」だったんだけど・・・

レースの結果は、ポールポジションからのスタートで逃げ切った
トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルが21歳の若さで史上最年少初優勝を飾りました。
フェラーリの本拠地イタリアで、フェラーリを抑え
トロ・ロッソが初優勝したことは本当にすごいことだそうです。
マクラーレンのハミルトンは、予選15位からのスタートにも関わらず、
アグレッシブな走りで一時はベッテルの最後のピットイン時には2位まで迫っていたものの、
タイヤ交換のため2回目のピットインを選択、フェラーリのマッサを抜けず7位で終了しました。
かなりラフだったけど、ハミルトンの勝つっていう意思が伝わってくるドライビングでした。
フェラーリ、ライコネンは無念の9位で終了。

本拠地イタリアGPで、フェラーリが6位と9位という結果。
でも同じイタリアで、フェラーリエンジン搭載のトロ・ロッソが優勝。
フェラーリの赤で埋め尽くされた観客はきっと複雑な気持ちだったと思います。

9月18日のヘレスでトロ・ロッソが2009年のドライバーテストとして、
佐藤琢磨を起用するそうです。こちらも注目。
9月28日に行われるシンガポールGPは、史上初の夜間レース。しかも公道。
モナコみたい・・・ 夜景の公道でのF1ってすごい。
かんなり面白くなりそう。大注目です。
by keikosan53 | 2008-09-15 02:32 | W○RLD
地球、公開。
是非映画館の大画面で見てみたい映画、「アース」。
地球温暖化の影響で、見られなくなるかもしれない今の地球の姿。
ディープ・ブループラネット・アースのスタッフが集結し、
5年の歳月をかけて撮影したそうです。

b0062462_23175170.jpg


3連休の間にミッドタウンに行って買い物をしたら抽選券をゲット☆
ダイソンの掃除機より高級色鉛筆セットよりなにより、
狙うはあの「アース」のペアチケット!
抽選ブースに行って、「アース、アース」と心の中で唱えながら
モニターでくるくる回っているスロットをSTOP!

くじ運のない私はやっぱりハズレ・・・

参加賞として、「アース」の200円割引券をもらいました。
アースのチケットを狙ってた私には、参加賞でもかなり満足!

ちなみに、人間が排出している二酸化炭素の量は年間70億トン、
植物など地球が吸収される量は年間30億トン。
地球全体で、一国一国が一人一人が危機感を持って行動しなければ
本当に取り返しのつかないことになってしまいます。

地球温暖化防止のため身近なことからできること。↓
1. 必要ではない電気は消す。
2. 使っていない電化製品のコンセントは抜いておく。
3. コンビニ袋はできるだけもらわない。
4. 暖房の設定温度を20°に設定する。
5. 食器を洗う時、シャワーの時、お湯を出す時間をできるだけ短くする。
6. TVを観る時間を短くする。
7. 日中に集中して働いて、残業時間を減らす。

その他にも色々なことがあると思います。
一人一人ができることから、みんなで一緒にできることまで
考えて実行していきたいと思います。
by keikosan53 | 2008-01-14 23:22 | W○RLD
夏時間、今日からスタート!
b0062462_18203065.jpg



アメリカで、向こう時間3月11日2AMに夏時間が始まりました!
私が居たマサチューセッツ州では、4時間ほど前にスタートです。

夏時間になる日の前の夜に時計を1時間早めておいて、
でもいつもと同じ時間に起きないといけないから、
結局1時間睡眠時間が減って、かなり損した気分だったなぁ...

もともとdaylight-saving timeは、省エネを理由に始まった国をあげての政策。
今では、省エネだけじゃなくて、まだ明るいうちにアフターワークをエンジョイできるとか、
ライフスタイルの面からもメリットがあると注目されています。

アメリカでは、去年まで夏時間は4月頭から10月末だったのに、
エネルギーの消費量を考慮して法律が改正され、今年はなんと3月11日から11月4日。
アメリカでは実際に効果がみられるから約1ヶ月も延長されたんだろうけど、
この法律の改正が、実際どれぐらい効果を出すか興味深いところです。

全世界で現在約70の国が夏時間を導入。
日本も1948年から4年間導入を試みたけれど、
生活リズムの崩れや混乱を理由に廃止されたそうです。

時間は生活に密着したものだから、
夏時間導入はそれぞれの国で向き不向きがありそう。

日本でも2005年に夏時間再導入の案が国会で出たらしいけど、
郵政民営化の時に見送られたそうです。

アメリカとかって、夏時間であろうが冬時間であろうが、「5:30だ、さぁ帰ろう」だけど、
日本だとそうもいかなさそう...
日本での導入はいろいろ問題がありそうです。

>> Wiki
by keikosan53 | 2007-03-11 18:22 | W○RLD